極寒の新潟

新潟の冬

極寒の新潟

皆様こんにちは。
新潟工場の仲川でございます。

今シーズン初のまとまった積雪で、一面雪化粧となった新潟です。

平野部では10~20cm程度ですが、山間部ではまとまって降っているそうです。

山間部の降雪がもっとまとまった量になってくれば、夏場の水不足も少しは改善できるかもしれません。

新潟の冬

山に降った雪は、時間をかけて氷状に変化して行きます。
それが春先から少しづつ溶けながら山に染み込み、湧き水となって沢を作ります。

雨では、降った直後から流れ出てしまい、山に保有する事ができません。
じっくり時間をかけて溶け出し、少しずつ山の地層を通り抜け沢に出る。

このプロセスがあるからこそ、雪解け水で育てた米は一味違うクオリティになるのです。

今後も、この調子で山間部に雪が積もってくれれば、スキー場のコンディションも上がりますし、秋に獲れるお米の食味にも期待できます。

新潟の冬には雪が必要です。
自然のサイクルが狂う事への問題意識を改めて考え直すきっかけとなりました。

一覧へもどる

トピックス
食味80点以上のプレミアム新潟産こしひかり HIBARI